TOCOL®でできること

実社会で必要とされるしっかりとした色と光の基礎知識、
最先端のスキルを身につけることができます

困った!<例1>

インテリアの色彩設計を頼まれたけれど、屋外と室内で配色のイメージが違ってしまいクライアントからクレームがきた。配色を学んできたんだけれど・・・


困った!<例2>

ウェディングで花のカラーコーディネートを頼まれた時、
夕方になったら、花の色の感じが変わってきたように見えた・・・?


困った!<例3>

色彩を学んで専門企業に入社したのに、モニター上で制作した色と実際の色とが違っていると先輩に叱られた。デジタルで色を合わせるなんて習ってなかった・・・


困った!<例4>

外のクライアントと仕事をするようになり、
今までの色彩知識ではコミュニケーションが取れないことに気づいた・・・・

こんなことはありませんでしたか?

TOCOL®は色と光の専門スキルを実社会で使うことを重視したテストです。
光・物・脳の関係により変化する色の見え方を、最新の研究を基に産学連携で開発しました。
デジタル時代の色と光のあつかい方や配色、国際社会で必要とされるユニバーサル感覚など、時代の潮流に対応した国際的・先進的・社会的な要素を重視した新しい色と光のテストです。


ユニバーサルカラーの視点を取り入れた商品開発や社会基盤の整備に、
活かすことができます

困った!<例1>

婦人服売り場で・・・
「ご年配の方に青い服をお勧めしているのに、ご本人が黒い服だと思われていた」


困った!<例2>

ネット販売で・・・
「商品の色が思っていた色と違うと、クレームを受けた」


困った!<例3>

病院や商業ビルで・・・
「電光掲示や案内標識が見わけられず、迷われたり困ったりされる」

こんな問題にぶつかったことはありませんか?

色の見え方や光への反応は、年齢によって変化していきます。
今、日本は超高齢社会に突入しており、高齢者市場への参入は爆発的に増加しています。
しかしその一方で、「高齢者にとっての色や光」が十分に考慮されているとは言い難い現状があります。
これからの企業活動には、高齢者にとっての色と光をはじめとしたユニバーサルカラーへの考慮と積極的な使用が不可欠です。
TOCOL®はユニバーサルデザインの感覚を持った人材の育成に適しています。

先進国のなかでも高齢化率の高い日本が、どのような社会を築いていくのか、世界中から注目されています。
各企業は、これをビジネスチャンスと捉え、世界にさきがけて高齢化に対応した商品開発や企業ブランド構築をともなう広報・宣伝活動の手法を提案していくことで、これから高齢化社会に移行していくであろう世界でのトップリーダーを目指しています。
TOCOL®では、色を判別する機能や光への反応が年齢を重ねるにつれて変化していることを理解した上で、ユニバーサルカラーの視点を取り入れた商品開発や社会基盤の整備、広報・宣伝活動の提案ができる人材の育成を目的としています。


色と光(色彩)はコミュニケーション能力を身につける効果的な分野です

一般的に「資格=キャリア」と考えがちですが、社会や企業で重要視されている能力のトップはコミュニケーション能力です。次に、積極性、主体性、責任感と続きます。

色と光(色彩)はコミュニケーション能力を身につける効果的な分野です。

人は、目に入った光を脳が判断して形や色(色や形)を知覚しますが、厳密にいうと目や脳のつくりは人それぞれに個性があり、また文化や環境からも影響を受けているため、色の感じ方は異なります。色彩を学び、一人ひとりの(視知覚の)違いや感じ方の差を理解し、(色彩)文化の多様性を認めることは、自分を高め、相手との違いを認めることからはじまる“コミュニケーション”を知る手だてとなります。
自分の持っている能力への「気づき」等を体感でき、自分に対する自信を深め、他者に対しても自分と同じような感覚という実感を伴いながら理解を深めることができます。

また、TOCOL®の最先端の色彩を学ぶことによって、コミュニケーションに必要とされるもう一つの要素、『社会の変化への対応(時代にあった知識や技術の習得とそれらを表現していく力)』を身につけることができます。TOCOL®で学ぶ色と光の世界は、人間の豊かさについて、自分が直接感じ実感できる「五感」を通して、効果的にコミュニケーションを高めていきます。


説得力のある企画書作成・プレゼンに威力を発揮します

お客さまや上司に「この企画書、色使いが悪いね」「見づらいね」と言われたことはありませんか?
パソコンやカラープリンターの普及で、報告書・企画書などをカラーで作成することが多くなりましたが、配色は誰しも苦手意識がつきまといます。
TOCOL®では、伝える相手・お客さまに解りやすく、効果的な「カラー配色」を学びます。
また、光の効果やパソコン上での色の見え方も学びますので、パソコンやプロジェクターを使ったプレゼンにも役立ちます。