天体カレンダー

2019年の主な天体ショー

2019年に起こる天文現象
2019天体ショーs
国立天文台から、「ほしぞら情報2019」が発表されました。
2019年に注目したい天文現象としては、1月と12月に起こる部分日食。

1月6日:部分日食
 日本全国で午前中に部分日食の始めから終わりまでを観察することができます。

7月17日:部分月食
 南西諸島・九州地方・四国地方(東部を除く)・中国地方(東部を除く)などで部分月食が起こり、月食中に月が沈む「月入帯食」となります。

12月26日:部分日食

 アジアの一部地域で金環日食が起こり、日本では午後2時過ぎから夕方にかけて部分食を観察することができます。東日本や北日本では日食中に太陽が沈んでいく「日入帯食」となります。一年の始まりと、一年の締めくくりにふさわしい天文現象となるでしょう。

2019年も多くの天文現象があり、楽しみな一年ですね。
お天気に恵まれることを祈りましょう。

2018年の主な天体ショー

2018年に起こる天文現象と四季の星雲・星団・重星
2018天体ショーカレンダー
国立天文台から、2018年の「平成30(2018)年暦要項」が発表されました。
2018年は、世界全体で日食が3回、月食が2回起こります。
そのうち、月食は日本でもみることができます。

■1月31日〜2月1日:皆既月食
 天候条件が良ければ、日本全国で月食の全過程が見られます
 部分食開始:20時48分/皆既食開始:21時52分/食の最大:22時30分/皆既食終了:23時9分/部分食終了:24時12分(時刻はステラナビゲータによる)

■7月28日:皆既月食
 日本では月没帯食(月食中に月没)となります
 部分食開始:3時25分/皆既食開始:4時30分/食の最大:5時22分/皆既食終了:6時14分/部分食終了:7時20分(時刻はステラナビゲータによる)

また、15年ぶりとなる火星大接近も今から楽しみです。

1月31日の月食は月が欠けた状態が3時間以上、そのうち皆既月食の状態が1時間以上続き、月が高くのぼった時間帯に起こる理想的な観測条件です!!
ユニバーサルデザイン・スマホ天体望遠鏡 PalPANDA UD/UDx なら、スマホやタブレットの大画面でみんなで一緒に観望できます。
レンズを覗かないで、楽な姿勢で楽しめるので長時間の観望も疲れません。

また、惑星観望キット「PalBeans」でアップグレードすればさらに大きく火星や土星を観ることができます!
 
2018年、すばらしい天体ショーを楽しんでください。
お天気に恵まれることを祈りましょう。