「やらなければいけない」から

「年一回ならやってみたい」

と思えるゆるくつながる防災事業

大災害のときには行政機関の動きや消防等の到着を待つだけでなく、その前に“ひとり”でも多くの命を救うために、その場にいる人や地域の人同士で、救出救助活動や初期消火活動を行うことがとても大切です。
年に一度、地域で生活・活動している人たちが、既存の枠を少しだけはみ出して関わり、顔の見えるインフラ( 防災コミュニティ)をつくることを目的としています。

※天候やコロナの状況、緊急事態発生などにより当日内容が変更される場合があります。ご了承ください。



2022年9月3日

[ Day-time ]

 11時〜18時 

防災訓練は命に関わることだから真剣に。
でもそれだけじゃない・・・
日常にも役立つ情報や体験がたくさん!
ワクワクから防災を考えるきっかけにする1日です。
img_shoukakunren
防災訓練体験
11時〜12時すぎまで
・起震車がやってくる!
・煙の中を歩いて避難できるかな?
・消火体験
・AED心肺蘇生訓練 など
img_mihonichi
防災見本市+あおぞら教室

岡山県内企業の取り組みや災害対策から日常生活での備えまで、防災関連の情報、製品が下石井公園に集結!13時からは様々なワークショップを開催。

参加企業

logo_toyota
過去の災害でも活躍したトヨタの電動車。展示実演で、100V/1500W給電システムをご紹介。車中泊避難に役立つ緊急セットも手に取ってみよう。
logo_hagihara
国内生産No.1の萩原工業製ブルーシートは防災グッズとしても大活躍!環境への負担を軽減した商品も展示。
logo_aeon
ショッピングモール内で地震がきたらどう避難する?知っておくといざというとき安全。企業の取組をパネルで紹介。


logo_muji
『いつものもしも』をキーワードに、日常の中で備える知識や考えをワークショップや商品の展示販売を通してお伝えします。
logo_outdoor
公園が日常でも使える便利なアウトドア用品の展示会場に!テントやタープを張ったり、実演や使い方レクチャーも。
logo_anabuki
マンションでの在宅避難を想定した防災用品のほか、災害用トイレを紹介。
logo_okayama
最新の避難場所アイテムを紹介。
logo_aipuraza
防災グッズの展示、外国人向け防災パンフの配布、図書巡回車がやってくる!
logo_tocol
「アート×防災」災害時への備えと豊かな気持ちを毎日持ち歩こう!ここでしか手に入らない限定防災ボトルを手に入れよう。

[ Night-time ]

 18時〜21時 

1キロ防災キャンプは、発災時に野外で一夜を過ごさねばならない状態を想定し、岡山市から特別許可を得て、下石井公園に宿泊します。
※3日 21時〜 4日午前にかけては、宿泊者のみが公園内に滞在可能です。
img_yonayona
ヨナヨナトーク
18時〜21時まで。誰でも参加OK。町内会の枠を超えて、ゆる〜くつながろう。地域防災、公園の利活用、子育て環境など、これからの西川エリアについて語ろう!