What's New
  • 2016/08/16

    熊本地震及び被災地及び東日本大震災被災地へ「スマホ天体望遠鏡」190台の無償提供を開始しました。

    熊本地震及び被災地及び東日本大震災被災地へ「スマホ天体望遠鏡」190台の無償提供を次の通り開始しました。

    (1)150台(熊本県内の天文台)/熊本県民天文台を通じて、熊本県内の小学校・中学校の子どもたちにもお届けします。

    (2)40台(宮城県内の被災地)/宮城大学(伊藤真市ゼミ)を通じて、被災地の子どもたちにお届けします。

    この度の熊本地震により、県内の数多くの天文台で展望鏡や施設が被害を受け、現在も普及に向けて尽力しています。熊本県民天文台では口径41cm反射赤道儀が倒れ、南阿蘇では交通路の損傷も激しく、長期の支援が必要です。熊本県民天文台では、地震でも倒れず、安全に星空の観察が出来る最新式の望遠鏡を導入するための募金を募っています。
    本天体望遠鏡が多くの関係者の皆様、教育現場で活用され、被災地の復興の一助となれば幸いです。美しい熊本の夜空をまた楽しんでいただけるよう、各地観望会や募金活動の広報サポートなど、継続的な支援を行ってまいります。