キャリアプラン

新しい時代のプロフェッショナルは、まとまった業務を丸ごと受けもつとか、
自らビジネスをリードするような仕事をすることが多くなっています。

人の“育ち”を考えたキャリアプラン

せっかく資格を取得したのに、その知識の生かし方がわからないと良く聞きます。
資格は、「何のため」に取得するのかを明確にし、目的を持つことが大切です。
TOCOL®では、専門知識の伝授にとどまらず、刻々と変化する現実に応じて自在に知恵を発揮し、
問題を解決する創造的人間の育成を目指しています。


TOCOL®の学びのコンセプト

TOCOL®では、色と光の専門知識を探求し、
学びを続ける大切さ、知識の生かし方を身につけながら、
知識・スキルを実社会で応用・活用できる力を養うことができます。

専門知識とプロフェッショナル分野のスキルを、
実践で使える力として身につけると同時に、
急速な情報技術の普及に対応できるよう
IT技術を利用した新しい学習教材の開発を行い
受験者のIT技術習得・スキル向上を目指しています。

カラープランナーと認定講師

“自分のスタイル”で実現するキャリアデザイン

TOCOL®は、自分の「やりたいこと」と「今できること」を明らかにし、その間のギャップを埋めていくことができるようプログラムされています。
一人ひとりの学ぶ目的に合わせて、スタートから考えるキャリアプラン、ゴールから考えるキャリアプランなど自分に適した学びをデザインできます。

スタートのレディネステスト・『ファーストTOCOL』では、“予備知識”としてどの程度、色と光の内容を理解しているかを確認でき、学習する内容や不得意分野などの調整が行えます。
『ベーシック』で色と光の“基礎知識”を身につけ、ゴールの『エキスパート』では『ベーシック』で学んだ基礎をさらに発展させ、“知識の生かし方”を学び、実社会への活用能力を養います。


カラープランナーと認定講師